書籍詳細

陸奥爆沈 (新潮文庫)

価格0円

Amazonで購入

エルパカBOOKSで探す icon

陸奥爆沈 (新潮文庫)
吉村 昭 (新潮社) 評価4.4 点 平均(4.4)
  • 出版日:1979-11-27
  • 種類:文庫
  • ISBN:4101117071
読書タグ: ノンフィクション  戦争  小説  歴史 

この本のレビュー(5)

ef
  • ef
  • レビュー:2,227 書棚:2,793 読みたい:1 いいね!!:27,641
  • 投稿日 2017-04-17 05:18:52
  • 【何故戦艦陸奥は爆沈したのか?】  旧日本海軍の戦艦陸奥は、戦艦長門の同型艦であり、大和、武蔵という超巨大戦艦を除けば海軍最強の戦艦でした。  ところが、陸奥は、これといった戦闘に加わることなく瀬戸内海で爆沈してしまったのです。  本作は、戦争を題材とした冷静な作品を多く手がけている吉村昭氏により、陸奥爆沈の謎を追った作品になります。  旧日本海軍の戦艦には、日本の旧国名などがつけられていました... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ: ノンフィクション 
  • レビューの詳細を見る
浦嶋嶺至
  • 浦嶋嶺至
  • レビュー:144 書棚:181 読みたい:8 いいね!!:152
  • 投稿日 2017-03-21 09:47:02
  • べっ別に『艦これ』の影響で手に取ったんじゃないんだからねっっ。 ということでまったく艦これとは重なることはなくこの本のことを知り興味を持ち購入。 と言ってもたぶん艦これ関連でリアル陸奥の話題をどこかで目にし、この本を知ったのかとは思う。 吉村昭の本は初めてだったが、簡潔な文体は読みやすくどんどん進むことができた。 浅学のため陸奥が爆沈をしたということも正直知らなかったし、その原因が謎だというこ... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.5 点 (4.5)
  • この人の読書タグ: ノンフィクション  小説 
  • レビューの詳細を見る
Makiko Shirasu
  • Makiko Shirasu
  • レビュー:110 書棚:202 読みたい:149 いいね!!:1,122
  • 投稿日 2015-06-09 07:30:42
  • 今年も6月8日がやってきた。 72年前のこの日 昭和18年6月8日午後12時過ぎ、瀬戸内海に爆音が響いた。 戦艦「陸奥」が瀬戸内海の海底へと沈んだのだ。 1,121名の死者を出す大惨事だった。 謀略? 自然発火? ・・・・人為的? 爆沈の原因が秘密裏に探られる。 陸奥の爆沈は、軍の最高機密「軍機」扱いとされ、爆沈の事実の隠蔽は、長期間にわたり続けられた。 爆沈から2ヶ月後、原因究明のための「M査問委員会... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.5 点 (4.5)
  • この人の読書タグ: 戦争  歴史  ノンフィクション 
  • レビューの詳細を見る
藤岡 塩味
  • 藤岡 塩味
  • レビュー:756 書棚:3,386 読みたい:12 いいね!!:8,533
  • 投稿日 2014-09-05 16:43:04
  •  「ユリシーズ」「武蔵」が好評でしたので、引き続いて戦艦物「(天皇陛下の)陸奥爆沈」行ってみました。「爆沈」ですよバ・ク・チ・ン。沈没や轟沈とは訳が違うのです。排水量33800㌧長さ200メートル以上の巨艦が僅か5分程度で沈没し、1121名が殉死しました。陸奥は戦闘中ではなく、瀬戸内海・柱島泊地でのんびりしていたところ突如として大爆発を起こしたため、乗組員たちは戦死ではなく殉職とされたのです。  太平洋戦争... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ:
  • レビューの詳細を見る
Masashi KAWADA
  • Masashi KAWADA
  • レビュー:1,477 書棚:1,583 読みたい:368 いいね!!:13,438
  • 投稿日 2014-02-20 12:52:49
  • 昭和18年6月8日柱島泊地に繋留中の戦艦「陸奥」は突然大爆発を起こしまたたく間に沈没する。 死者1,121名、生存者は353名のみ。3番砲塔と4番砲塔の間から突然煙が噴出、すぐに弾火薬庫が爆発したものである。 陸奥爆沈の報は連合艦隊に衝撃を与える。大和、武蔵に次いで長門共に第一戦隊を形成していた陸奥。原因調査の過程で潜水艦、航空機など敵からの攻撃の可能性は退けられる。残る可能性は、内部犯行のみ。 日本海軍の... 続きを読む
  • この人の評価: 評価5.0 点 (5.0)
  • この人の読書タグ: 戦争 
  • レビューの詳細を見る

この本を読んだ人は
次の本も一緒に読んでいます