書籍詳細

頭がよくなる「図解思考」の技術

価格0円

Amazonで購入

エルパカBOOKSで探す icon

頭がよくなる「図解思考」の技術
永田 豊志 (中経出版) 評価4.0 点 平均(4.0)
  • 出版日:2009-11-25
  • 種類:単行本(ソフトカバー)
  • ISBN:4806135496
読書タグ: ビジネス  教育  マネージメント  自己啓発  クリティカルシンキング  ★思考スキル  ノウハウ 

この本のレビュー(6)

Minori Kambe
  • Minori Kambe
  • レビュー:22 書棚:23 読みたい:4 いいね!!:39
  • 投稿日 2013-04-25 16:08:34
  • 人に図解を教えるために、図解って何だ?という基本を棚卸しすべく読んだ本。 ポイントの箇条書きでは記憶に残らないことも、パターン化した図解を用いて記録することで効率的に整理できる。視覚に訴えることで文字よりも的確に伝えられる。 改めて図解の大事さを認識したとともにこれを教えることの難しさを痛感! 図解ネイティブで良かった…。 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ: ビジネス  教育 
  • レビューの詳細を見る
Kei Matsuura
  • Kei Matsuura
  • レビュー:658 書棚:701 読みたい:0 いいね!!:427
  • 投稿日 2013-03-13 07:44:31
  • 今年76冊目読了。知的生産研究家にして、ショーケース・ティービー取締役COOの筆者が、図解により自分の考え方を整理し、わかりやすく伝えることを提唱するビジネス書。 これはとてもわかりやすく、読みやすい。図解メモのメリットとして「スピーディな記録、関係性を理解しやすい、抜け・漏れ・矛盾を発見しやすい、記憶に定着しやすい、後からアイディアを展開しやすい、そのままプレゼンに使える」としたうえで「内容を予... 続きを読む
  • この人の評価: 評価5.0 点 (5.0)
  • この人の読書タグ:
  • レビューの詳細を見る
Naohiro Tomita
Hiroyoshi Noro
  • Hiroyoshi Noro
  • レビュー:249 書棚:785 読みたい:405 いいね!!:229
  • 投稿日 2012-09-26 23:07:23
  • 知人のお薦めを受けて、短時間に思考を整理する手法の引き出しを増やしたいと思い手にした一冊。 著者の永田さんが主張する「図解思考を通じて素早く理解し、的確に他者に伝えることができる。」ことを日常的な業務シーンを例に学べます。 この内容のうち、私が特に共感したことが3つありました。 1.ものごとが複雑に見えるのは、要素が多いだけであり、根本をたどれば大本は1つ、2つしか原因が存在しないことが日常では多いこ... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ: クリティカルシンキング 
  • レビューの詳細を見る
Kaoru Ishibiki
  • Kaoru Ishibiki
  • レビュー:103 書棚:230 読みたい:70 いいね!!:40
  • 投稿日 2012-02-28 22:57:40
  • こんなアプリケーションやサービスが欲しい!と思いつくまま企画書を書いていますが、絵心がないせいで、絵や図形の描画に時間がかかっていました。 そんな時にこの本を見つけてパラッパラッとめくっていたら、難しい絵は必要なく基本は□と→だけで表現しています。 おまけに言葉いらずの絵や図形は世界で標準基準で使えるし、図解通訳を行うことで右脳が活発になるしとのこと… 確かに図解を習慣化すれば正式資料作成の時間も短... 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ: ビジネス 
  • レビューの詳細を見る
濱田泰
  • 濱田泰
  • レビュー:49 書棚:67 読みたい:0 いいね!!:24
  • 投稿日 2011-12-05 13:33:26
  • 私は仕事がら企画書を書くし、プレゼンテーションも行う。いつも企画書を分かりやすく、説明しやすくまとめるにはどうするか?私の業界の人間は悩まされていることと思う。一生懸命説明しようとすると、とかく文章量が増えるのも、業界人の傾向ではないだろうか。 自分の説明を人が納得するには論理的な展開が必要であるが、「図解する」ことでいかに効果的か、本書は示してくれている。一本の線と□の図で、さまざまなことが語れ... 続きを読む
  • この人の評価: 評価3.0 点 (3.0)
  • この人の読書タグ: ビジネス  自己啓発 
  • レビューの詳細を見る

この本を読んだ人は
次の本も一緒に読んでいます