書籍詳細

高円寺純情商店街 (新潮文庫)

価格0円

Amazonで購入

エルパカBOOKSで探す icon

高円寺純情商店街 (新潮文庫)
ねじめ 正一 (新潮社) 評価3.9 点 平均(3.9)
  • 出版日:1992-04-28
  • 種類:文庫
  • ISBN:4101021120
読書タグ: 小説  エッセイ  社会 

この本のレビュー(4)

Takuya Udagawa
  • Takuya Udagawa
  • レビュー:4 書棚:4 読みたい:0 いいね!!:1
  • 投稿日 2017-02-28 23:10:29
  • 普段本を読まない自分でも読みやすそうなので読んでみた。 乾物店、という今は見かけないお店を経営する一家で暮らしてる正一が主人公。そもそも自分は乾物店を知りません笑 舞台は昭和30〜40年代。自分は生まれてなかったが、こういう古き良き昭和の雰囲気は好きなので、読みやすかった。 そういえば蝿取紙って懐かしいね。 続きを読む
  • この人の評価: 評価3.5 点 (3.5)
  • この人の読書タグ:
  • レビューの詳細を見る
Koji Kamei
hit4papa
  • hit4papa
  • レビュー:454 書棚:454 読みたい:0 いいね!!:767
  • 投稿日 2013-12-28 11:09:21
  • 昭和の商店街の風景をそもまま写し取ったような作品です。乾物店江州屋の一人息子、中学生の正一が主人公の連作短編集になっています。詩人の著者ならではなのでしょう、言葉の選び方にとても気を使っているようです。人物や情景が、暖かな目線で生き生きと描かれており、読者の心に染み入ります。 続きを読む
  • この人の評価: 評価4.0 点 (4.0)
  • この人の読書タグ: 小説 
  • レビューの詳細を見る
松尾健生
  • 松尾健生
  • レビュー:136 書棚:137 読みたい:0 いいね!!:64
  • 投稿日 2011-12-19 00:26:16
  • 2008年09月23日 22:59 中学の教科書で読んだのがこの作品との出会い。 昭和中期の乾物屋の家族の物語。 威厳のある親父、優しい母、そして祖父母。凄く温かいお話なのでオススメ出来る作品です。 昭和の時代をほとんど生きていないのですが、昭和という時代を生きてみたかったと思うことがしばしばあります。 あの雰囲気…好きです。 続きを読む
  • この人の評価: 評価3.5 点 (3.5)
  • この人の読書タグ: 小説 
  • レビューの詳細を見る

この本を読んだ人は
次の本も一緒に読んでいます