宮坂重徳さんのレビュー

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録
辻山 良雄 (辻山 良雄) 評価4.0 点 平均(4.0)
  • 出版日:2017-01-01
  • 種類:単行本
  • ISBN:4908087059
読書タグ: 経営  人生  ビジネス 

評価4.0 点 (4.0)

投稿日 2017-03-21 12:51:19

2016年1月、東京・荻窪駅から徒歩10分超、商店街から遠く離れた小さな2階建ての店舗兼住居をリフォームした書店がオープンした。本書はその一部始終を店長(社長)である著者が、事業計画書から初年度の決算に至るまで、事細かくその時々の思いとともに綴った一冊。新たに本に携わった仕事がしたい、と考えている人には必読と言えるでしょう。
『最近思うことは、「切実な本」こそ売れているという事です。「真面目な本」と言ってもいいかもしれません。著者が書くしかなかった、自らの底と向き合い、編集者がその思いを汲み取るすかるべき形で包み、それを丁寧な販促で伝えていく。マーケティングの発想からは、そうした本は生まれない。』
『マーケティングから生まれる本の何が良くないかと言えば、必ず似たような本に取って変わられるからです。言ってみれば「替えがきく」という事なので。本は、元は一冊一冊が「替えがきかない」はず。替えがきかない「切実な本」にこそ、人の興味はあると思います。』
雑誌や新刊本とともに「替えがきかない」本をひっそりと並べる、本好きにはたまらない素敵な本屋さんです。

宮坂重徳さんの読書タグ: 人生  経営  ビジネス 

いいね!!数 2

このレビューにコメントする

コメントするには、ログインが必要です。

このレビューについたコメント(0)


その他のレビュー