テイクさんのレビュー

サイドキック (ハルキ文庫)
矢月 秀作 (矢月 秀作) 評価2.0 点 平均(2.0)
  • 出版日:2016-09-01
  • 種類:文庫
  • ISBN:4758440360
読書タグ: 小説  アクション  ミステリー 

評価2.0 点 (2.0)

投稿日 2017-06-18 23:32:30

 青山中央署管轄の宝石店で強盗殺人事件が発生。チョビ髭、頭髪寂しい中年刑事御木本鶴麿と長身スレンダー、格闘の腕も抜群という才色兼備の美人刑事御前静香が捜査に乗り出した。冴えないが、功名心だけは強い麿さんは捜査でも常にミラクルを起こし、事件を解決に導いていく。そんな麿さんに、なぜか御前はメロメロで…。凸凹コンビの活躍を描く。

 強盗のシーンから始まるこの小説。ただ、物語的に人殺しは意味があったのだろうか。もちろん、人を殺めたことが犯人グループの引け目になっていくのではあるが、強盗して、その盗品を換金するというだけでも充分犯人には負い目ができると思うのだ。もちろん、人殺しの事実が緊迫感を高める効果はあるのだろうが…。

テイクさんの読書タグ: ミステリー  小説 

いいね!!数 1

このレビューにコメントする

コメントするには、ログインが必要です。

このレビューについたコメント(0)


その他のレビュー