Takeyoshi Ninomiyaさんのレビュー一覧。

253 件中 1~20件を表示

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

公開中

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織
マシュー・サイド(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-04-21 15:17:33
  • コメント数0
  • いいね!!数0
自尊心の強い者ほど失敗を受け入れずに正当化する。
しかし、失敗を糧に試行錯誤を重ねてこそ成長できると説いています。
また、失敗との...} [続きを読む]

予測の技術 微分・積分と確率・統計で ビジネスの未来を読む (サイエンス・アイ新書)

公開中

予測の技術 微分・積分と確率・統計で ビジネスの未来を読む (サイエンス・アイ新書)
内山 力(SBクリエイティブ)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-04-04 11:20:21
  • コメント数0
  • いいね!!数0
予測の本質、基本的なことを 分かり易く説明しています。
説得力のある書籍だと感じました。 [続きを読む]

UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか

公開中

UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか
松島聡(英治出版)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-31 13:56:29
  • コメント数0
  • いいね!!数1
今 起きている変化、これから起きようとしている変化の本質、変化を起こしているドライバーについての基本的なことを 理解しやすく、読みやすく説明しているなと感じました。
とても説得力のある書籍です。 [続きを読む]

走狗

公開中

走狗
伊東 潤(中央公論新社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-23 16:31:32
  • コメント数0
  • いいね!!数0
明治維新ってどちらかというとこの本のイメージに近いのだと思う。 [続きを読む]

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

公開中

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬(KADOKAWA/中経出版)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-14 12:14:05
  • コメント数0
  • いいね!!数0
とても合理的で実践的な書籍です。
感動しました。
素晴らしい内容が ぎっしり詰まっています。
お薦め本です。 [続きを読む]

仕掛学

公開中

仕掛学
松村 真宏(東洋経済新報社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-09 14:04:32
  • コメント数0
  • いいね!!数0
勉強になります。 [続きを読む]

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

公開中

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
リンダ グラットン / アンドリュー スコット(東洋経済新報社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-07 15:39:59
  • コメント数0
  • いいね!!数0
これからの時代の生き方、働き方を考えるに良い書籍だと思います。 [続きを読む]

子どもは40000回質問する  あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

公開中

子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力
イアン・レズリー(光文社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-06 15:04:00
  • コメント数0
  • いいね!!数0
質問の効用やスキルの書籍は多いですが、
この書籍は 質問の素となる好奇心、探究心が生まれるメカニズム、好奇心や探究心を持ち続ける方法について書かれています。
素晴らしい書籍だと思います。 [続きを読む]

幻庵 下

公開中

幻庵 下
百田 尚樹(文藝春秋)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-03-06 10:43:08
  • コメント数0
  • いいね!!数0
百田尚樹節を堪能しました。
とても面白かったです。
大満足です。 [続きを読む]

創造力―自然と技術の視点から

公開中

創造力―自然と技術の視点から
西堀 栄三郎(講談社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-02-21 15:13:17
  • コメント数0
  • いいね!!数0
技術の基本とは何かを明確に教えてくれます。
何度 読んでも勉強になります。 [続きを読む]

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

公開中

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
呉座 勇一(中央公論新社)
  • 評価3.0 点 (3.0)
  • 投稿日 2017-01-21 13:08:26
  • コメント数0
  • いいね!!数1
原因も結果もよく分からない応仁の乱について理解が深まるかなと期待して読みましたが、残念でした。
歴史の転換点と言われる応仁の乱とはなんだったんだろう。 [続きを読む]

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

公開中

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭
ジェレミー・リフキン(NHK出版)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-01-17 16:34:50
  • コメント数0
  • いいね!!数0
資本主義社会から協働型コモンズ社会へのパラタイムシフトへ向けて、何よりも大切なことは私たち自身の価値観を如何に変えるかだと感じました。 [続きを読む]

日本人の価値観―「生命本位」の再発見

公開中

日本人の価値観―「生命本位」の再発見
立花 均(ぺりかん社)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-01-12 16:15:30
  • コメント数0
  • いいね!!数0
日本人の価値観が 欧米や他のアジアの国々と異なり、その違いは 人-動物-物のどこに境界線があるかということに集約されます。
欧米人は...} [続きを読む]

ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日

公開中

ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日
マーティン・フォード(日本経済新聞出版社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2017-01-04 17:19:34
  • コメント数0
  • いいね!!数3
この本は文句なしの名著だと思います。
自動化が社会にもたらす問題点を示しています。
自動化が進展すれば、作業がロボットに肩代わりさ...} [続きを読む]

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)

公開中

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)
有川 浩(新潮社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-30 16:55:05
  • コメント数0
  • いいね!!数0
いつもながら 有川浩さんの多面的で広くありながら、深く細かい観察力、表現力には ひきこまれます。
2017年1月からのテレビドラマ「三匹のおっさん3」が楽しみです。 [続きを読む]

人望が集まる人の考え方

公開中

人望が集まる人の考え方
レス・ギブリン(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-26 13:10:22
  • コメント数0
  • いいね!!数2
著者が 読者の人間関係を改善し、成功と幸福を手に入れるのを支援するために書かれたことを強く感じさせる書籍でした。
決して、上からでなく、押しつけがましくありませんでした。
解りやすく、アドバイスが素直に心に入ってきました。 [続きを読む]

三匹のおっさん (新潮文庫)

公開中

三匹のおっさん (新潮文庫)
有川 浩(新潮社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-24 14:34:26
  • コメント数0
  • いいね!!数0
楽しい 元気の出る本です。 [続きを読む]

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

公開中

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
森岡 毅 / 今西 聖貴(KADOKAWA/角川書店)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-21 15:07:21
  • コメント数0
  • いいね!!数0
私の常日頃に思っていること、考えていることと、また、実行していることと、かなりピッタリと重なりました。
再認識できたことと 勇気が湧いてきたことに感謝します。 [続きを読む]

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

公開中

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ(河出書房新社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-17 08:11:06
  • コメント数0
  • いいね!!数1
私には斬新奇抜な切り口、視点で自分の先入観や固定観念を覆されました。
感動しました。 [続きを読む]

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

公開中

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ(河出書房新社)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-15 17:20:42
  • コメント数0
  • いいね!!数2
歴史ではなく 「全史」という意味が理解できました。
サピエンスは 七万年前から「生物学」と「歴史」の両方の線路を走る存在になったこと。
さらに、「科学」、「哲学」、「社会学」を巻き込んでいく。
下巻を読むのが楽しみです。 [続きを読む]

253 件中 1~20件を表示