Naomiさんのレビュー一覧。

544 件中 1~20件を表示

まく子 (福音館の単行本)

公開中

まく子 (福音館の単行本)
西加奈子(福音館書店)
  • 評価3.5 点 (3.5)
  • 投稿日 2017-03-21 11:33:18
  • コメント数0
  • いいね!!数1
まく子(名前)じゃなくてまく子(ものをまく子ども)やったんや~
10歳の男の子の気持ちがよ~わかるな~とおもて読みました。
(自分が...} [続きを読む]

山猫珈琲 下巻

公開中

山猫珈琲 下巻
湊 かなえ(双葉社)
  • 評価3.5 点 (3.5)
  • 投稿日 2017-03-21 11:23:19
  • コメント数0
  • いいね!!数1
作者が書いた初期からの文を集めてきた作品。 下巻から読んでしまいましたが、これが下巻としたら上巻いつ書かれたものを集めた作品なので...} [続きを読む]

まことの華姫

公開中

まことの華姫
畠中 恵(KADOKAWA)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-03-21 11:07:50
  • コメント数0
  • いいね!!数1
新しいキャラの登場です。 気弱な芸人月草が、華姫になって語ると毒舌で身分に関係なく言いたいことを言い、「まこと」は知らないはずなの...} [続きを読む]

地下の鳩

公開中

地下の鳩
西 加奈子(文藝春秋)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-02-14 23:05:32
  • コメント数0
  • いいね!!数1
夜に生きる吉田がみさをに出会い恋をした。上手く生きられない二人が共に暮らす日々。お金が無くなった時には、別れがを選択をするだろうと...} [続きを読む]

ビューティーキャンプ

公開中

ビューティーキャンプ
林 真理子(幻冬舎)
  • 評価3.5 点 (3.5)
  • 投稿日 2017-02-14 01:00:43
  • コメント数0
  • いいね!!数1
作者のお得意分野をスラスラと苦労なく書かれている印象。
若さと美しさを持ち、その才能を磨き上げることができた女性は素晴らしい人生を...} [続きを読む]

教えて!  校長先生 - 「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え (中公新書ラクレ)

公開中

教えて! 校長先生 - 「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え (中公新書ラクレ)
林 真理子 / 内田 樹(中央公論新社)
  • 評価2.5 点 (2.5)
  • 投稿日 2017-02-05 21:47:00
  • コメント数0
  • いいね!!数1
林真理子+神戸女学院
あの林真理子が神戸女学院について対談でもしているのかしらと思って読み始めてしまいました。冷静に考えたら、関西...} [続きを読む]

孫と私の小さな歴史

公開中

孫と私の小さな歴史
佐藤 愛子(文藝春秋)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-02-04 22:18:08
  • コメント数0
  • いいね!!数0
佐藤愛子さん最高です。
真面目に真面目にふざけた思いつきを真面目にする作者、否応なしに着せられ写真に収まる孫、写真を撮る子(いつの...} [続きを読む]

ウエディングドレス

公開中

ウエディングドレス
玉岡 かおる(幻冬舎)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-02-04 22:05:27
  • コメント数0
  • いいね!!数1
桂由美さんがモデルの女性と、架空の同級生との会話形式で物語が綴られています。会話部分が関西弁、標準語の説明部分とメリハリがあって読...} [続きを読む]

みんな、どうして結婚してゆくのだろう (集英社文庫)

公開中

みんな、どうして結婚してゆくのだろう (集英社文庫)
姫野 カオルコ(集英社)
  • 評価3.5 点 (3.5)
  • 投稿日 2017-01-14 17:07:41
  • コメント数0
  • いいね!!数1
16年前に書かれた本でした。
結婚する理由は、一人で生活するより楽だからです。
金銭面、体力面等々、役割分担して助け合うことができる...} [続きを読む]

ヨーコさんの“言葉”

公開中

ヨーコさんの“言葉”
佐野 洋子 / 北村 裕花(講談社)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-01-14 16:42:08
  • コメント数0
  • いいね!!数0
Eテレで放送されていた内容だとは知りませんでした。
味わい深い絵とともに、絵本を読んでいるようでした。
作者の文章はリズムがよくて...} [続きを読む]

バベル九朔

公開中

バベル九朔
万城目 学(KADOKAWA/角川書店)
  • 評価3.0 点 (3.0)
  • 投稿日 2017-01-12 01:01:15
  • コメント数0
  • いいね!!数0
自叙伝のような場面から始まったので、新しいジャンルと思って読み始めたらやはりいつものお話でした。 が、着地点がわからない。最後はど...} [続きを読む]

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

公開中

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
七月 隆文(宝島社)
  • 評価3.0 点 (3.0)
  • 投稿日 2017-01-08 23:59:20
  • コメント数0
  • いいね!!数2
映画は見ていないけれど、話題になっていたので読みました。
何度か読み返しても不思議な現象が理解できませんでした。
ファンタジー?S...} [続きを読む]

うずら大名

公開中

うずら大名
畠中 恵(集英社)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2017-01-08 23:49:36
  • コメント数0
  • いいね!!数1
「しゃばけ」シリーズ「まんまこと」シリーズより大人っぽい印象です。
吉之助と有月、有月が主人公?ストーリーが楽しめるので吉之助のすぐ泣く場面は過剰すぎる気がしました。
佐久夜の活躍と「御吉兆」が楽しみなので、これもシリーズ化して欲しい作品でした。 [続きを読む]

九十歳。何がめでたい

公開中

九十歳。何がめでたい
佐藤愛子(小学館)
  • 評価5.0 点 (5.0)
  • 投稿日 2016-12-23 11:01:12
  • コメント数0
  • いいね!!数1
漢字が旧字体で書かれていということは、90歳、ご自分で原稿を書かれているのか・・・「晩鐘」を読み終えた時に、すべてを出し尽くされたの...} [続きを読む]

小太郎の左腕

公開中

小太郎の左腕
和田 竜(小学館)
  • 評価4.5 点 (4.5)
  • 投稿日 2016-11-27 00:49:43
  • コメント数0
  • いいね!!数1
「のぼうの城」より単純で無駄な箇所がなく読みやすかったです。戦国武将の生き方・・・男たちはどうしょうもなくアホやな~と思いました。...} [続きを読む]

私のスポットライト(一般書)

公開中

私のスポットライト(一般書)
林 真理子(ポプラ社)
  • 評価3.0 点 (3.0)
  • 投稿日 2016-11-27 00:40:39
  • コメント数0
  • いいね!!数1
作者の芸能界へのミーハー力で知った事実があってこその作品です。いろいろ知っている情報を散りばめて俳優を目指す少女の成長物語を、若者...} [続きを読む]

ままならないから私とあなた

公開中

ままならないから私とあなた
朝井 リョウ(文藝春秋)
  • 評価4.5 点 (4.5)
  • 投稿日 2016-11-27 00:12:02
  • コメント数0
  • いいね!!数2
今の時代の見事に表している2作品だと思います。
当たり前のことですが、作者が以前のより大人になっていると感じました。こんなふうに世...} [続きを読む]

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

公開中

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)
是枝 裕和 / 佐野 晶(宝島社)
  • 評価3.0 点 (3.0)
  • 投稿日 2016-10-29 01:40:35
  • コメント数0
  • いいね!!数2
かたよった価値観を持ち、両親とも距離があり、自分の子どもにも不満を持つ良太。
我が子が取り違えられ実の子どもではないことを知り、実...} [続きを読む]

のぼうの城

公開中

のぼうの城
和田 竜(小学館)
  • 評価4.5 点 (4.5)
  • 投稿日 2016-10-27 22:50:27
  • コメント数0
  • いいね!!数2
映画が面白かったので、読みたいと思っていました。

映画では主役長親は野村萬斎さん、映画を見た時は萬斎さんあってののぼうの城と納得...} [続きを読む]

父の詫び状 <新装版> (文春文庫)

公開中

父の詫び状 <新装版> (文春文庫)
向田 邦子(文藝春秋)
  • 評価4.0 点 (4.0)
  • 投稿日 2016-10-22 00:06:17
  • コメント数0
  • いいね!!数4
「トットチャンネル」のミムラさんが演じた静かで上品なイメージが残っていて、そのミムラさんがおしゃべりしているように思えました。
父...} [続きを読む]

544 件中 1~20件を表示